大学受験の勉強法とおすすめ参考書サイト

大学受験の勉強法とおすすめの参考書についてまとめています。

やっておきたい英語長文300
タイトル
やっておきたい英語長文300
著者
杉山 俊一
初版

解説の多さ
充実
出版社
河合出版


センター試験レベルの語彙や文法の知識は
もっていた方が良いです。




解説は充実していますが、
文法用語などが散りばめられていますので、
ほとんど知識が無い状態で取り組むのは難しいでしょう。




このタイトルの300というのは、
英単語が300前後の長文があるという意味です。




長文問題自体は30個程度になっています。




この参考書の特徴は、
最近の入試の傾向に問題が合わせてあるところです。




昔からの良書と言われている精講シリーズは、
最近の問題とは少しかけ離れた部分があります。




そういう意味では、
この参考書のほうが勉強がしやすいかもしれません。




ただ、どちらの参考書も良い文章揃いですので、
完璧に仕上げれば必ず実力は付きます。




この参考書の問題自体は易しいものが多いので、
問題が解けるからといって安心してはいけません。




この参考書の問題が難なく解けるようになったら、
同じシリーズの500, 700, 1000などに取り組みましょう。




難易度も数字が増える毎に上がりますので、
どんどん勉強を進めましょう。




英文は毎日必ず読むようにしてください。




英語と触れ合う時間が長ければ長いほど、
読解力は身に付きます。




合わせて単語の知識も増やしていけば、
必ず英文をスラスラと読めるようになります。




根気良く頑張って行きましょう。

トラックバックURL

ページ上部に