大学受験の勉強法とおすすめ参考書サイト

大学受験の勉強法とおすすめの参考書についてまとめています。

難問題の系統とその解き方物理I・II
タイトル
難問題の系統とその解き方物理I・II
著者
服部 嗣雄
初版
1976年
解説の多さ
少し充実
出版社
ニュートンプレス


基礎知識を身につけてから
取り組みましょう。




タイトルから分かる通り、
ある程度実力が付いてからが良いです。




しかし、難問題といっても
良問が揃っているので、
間違いなく身になります。




この問題集を使うことで、
難関大学の問題がどの程度の
レベルなのかを知ることができます。




解説が詳しくない部分もあるので、
例題だけを完璧にするという
やり方もありです。




解説を読んでわからない部分が
あったとしても、
他の参考書などを見て、
理解して解けるようにすれば、
必ず実力は上がります。




物理などの問題は、
わからない部分があれば、
必ず解決するようにしましょう。




分からない部分をあやふやなままに
しておく勉強の仕方では、
なかなか実力は付きません。




一つ一つの事柄を理解しながら、
問題を解けるようになってください。




そういう意味ではこの問題集は
最高の問題集だと思います。

トラックバックURL

ページ上部に