大学受験の勉強法とおすすめ参考書サイト

大学受験の勉強法とおすすめの参考書についてまとめています。

荻野文子の超基礎国語塾マドンナ古文
タイトル
荻野文子の超基礎国語塾マドンナ古文
著者
荻野 文子
初版
1992年
解説の多さ
充実
出版社
学研


とっつきやすい参考書なので、
古文が苦手な人にオススメです。




ただ、受験古文をすべて網羅しているかというと、
足りない部分があります。




まじめにやればすぐに読み終えることができますので、
時間をかけずにやってしまいましょう。




大学受験では、古文に時間をかけ過ぎてはいけません。




大学受験では、英語や数学などを中心に
勉強を進めたほうが良いです。




古文や漢文といった教科は、
なるべく取り組む時間を短くするべきです。




参考書などはできれば2冊程度に絞り、
その2冊を完璧にする気持ちで勉強しましょう。




この参考書の場合も、この1冊だけでは
間違いなく知識量として足りないので、
もう1冊別の参考書を選ぶ必要があります。




また、古文は英語と同様に単語が非常に
重要になってきます。




文中に分からない単語があると、
文が読めない場合もあります。




逆にすべての単語がわかっていれば、
文法がわからなくても、
文の意味はわかるものです。




これらの文法の参考書とは別に、
単語集の暗記も平行して進めましょう。

トラックバックURL

ページ上部に