大学受験の勉強法とおすすめ参考書サイト

大学受験の勉強法とおすすめの参考書についてまとめています。

会社で英語

モチベーションの維持 | 大学受験の勉強法とおすすめ参考書サイト

長期間の戦い

大学受験は長い戦いです。




その中で、いかにモチベーションを下げることなく
勉強をし続けられるかがポイントとなります。


志望校

モチベーションを維持するためには、
やはり志望校の選び方が大切になります。




志望校をどうしても行きたい大学に決めること
受験勉強に対するやる気もかなり変わってきます。




なんとなく決めた大学では、
一年以上かかる大学受験勉強を、
モチベーションを下げずにやり切ることは
かなり難しいでしょう。




しっかりと行きたい大学を選び、
その大学でのキャンパスライフを想像するだけで、
やる気は沸いてくるとはずです。




どうしてもやる気の出ない時は、
その大学の情報をインターネットなどで
調べるのも良いでしょう。




その大学のころを知れば知るほど、
その大学への情熱も増し、
勉強へのやる気になるとはずです。


友達

また、友達とのやり取りも重要となります。




何気ない会話でも、志望校や模試の結果などを
話題にするだけで勉強への意欲がわくはずです。




ましてや、友達の偏差値のほうが
高かったりすればなおさらです。




負けまいとやる気が出ればこっちのものです。




しかし、諦めの気持ちを持ってしまうのはNGです。




友達の偏差値が高かった程度で、
落ち込んではいけません





負けていれば追いつくように努力すれば良いのです。

模試

また、模試は必ず受けましょう




模試の結果は、良くも悪くもモチベーションを
高める材料になります。




結果が良ければ、今までの努力が報われたと感じ、
ますます今後の勉強へのやる気がわきます。




結果が悪ければ、何が悪かったのかを考え、
次の模試を良くするために努力するようになります。




模試の結果が悪かったくらいでは落ち込んではいけません




模試は受けるだけで色々なことを教えてくれます。




勉強不足な点はもちろん、
時間配分、試験中におけるできない問題の諦めるタイミングなど、
本番の試験における色々なパターンを学ぶことができます。




まだ勉強不足だからといって模試を受けないのは
非常にもったいないです。

休みの日を決める

また、月1程度で羽を伸ばす日を決めるのも良いです。




勉強をまったくしない日を作ることで、
その日まで勉強を頑張ることが目標となり、
さらにその日はストレス発散にもなります。




しかし、あまりに多く休みの日を決めてしまうと、
勉強は進みませんし、自分自身でもこんなに
休んでいて良いのかと疑問に思うことになるでしょう。




やはり、月に一回程度に設定し、
他の日は勉強を頑張るべきです。


集中力の維持 【前】

ページ上部に