大学受験の勉強法とおすすめ参考書サイト

大学受験の勉強法とおすすめの参考書についてまとめています。

<?php the_title(); ?>

模試 | 大学受験の勉強法とおすすめ参考書サイト

実力を知る

模試とは、予備校や進学校で行われるもので
受験生の能力を把握するために行われる試験です。




模試によっては年間で300万人も集まるものもあり、
正確に自分の実力を把握することができます。




模試にはいくつか種類があり、
大まかに、センター試験模試、
各志望大学に対応する模試などがあります。




予備校などによって模試の種類は異なりますが、
自分が通っている予備校の模試を受けるだけで十分でしょう。




予備校に通っていない場合は、
近くの予備校などに行き、
模試について調べてみてください。




模試にはたくさんのメリットがあります。




まずは、自分の実力を知ることができるということです。




自分の実力を知ることで、
実力が足りないようであれば、
足りない部分を補うように勉強を進めます。




足りているようであれば、
合格が確実になるようにまわりを固めていきます。




受験生の中には、
実力が足りないからといって
模試を受けない人がいます。




しかし、それは大きな間違いです。




模試は、どれだけ実力がついたのかを
見ることは当たり前ですが、
どれだけ実力が足りていないかを
見ることが重要となります。




自分と志望校のレベルの差をはっきりとさせ、
その後の勉強につなげるのです。




次に、本番の試験の雰囲気を知ることができるということです。




模試に来る人は、受験生達であり、
本番でも周りにいる人達と変わらないのです。




中には、模試だからといって不真面目に
している受験生もいると思いますが、
本番でもなぜかそういう人がいます。




ですので、色々な人がいる雰囲気で
集中して試験をすることに慣れましょう。




次に、時間配分をつかむことができることです。




これは、模試などでないとなかなか難しいことです。




過去問を試験と同じように自宅などで
行うのは案外大変なのです。




ご飯の時間や休憩時間、
数科目を連続で受けたときの疲労感など、
色々な条件を整えないといけません。




この点、模試はほぼ本番の試験通りのスケジュールで行われので、
本番の試験の参考になります。




また、模試の成績を友達と見せ合うことで、
お互いの刺激になり、勉強に気合が入ります。




わざわざ隠してもしょうがないです。




小さいプライドは持ってていても
自分の足をひっぱるだけです。




そんなものは捨ててしまいましょう。




親にも見せることで、怒られたりもすると思いますが、
それでやる気をなくしているようでは話になりません。




その程度の壁は簡単に乗り越えてください。




本番の試験はもっと大きい壁です。


【次】 偏差値

ページ上部に