大学受験の勉強法とおすすめ参考書サイト

大学受験の勉強法とおすすめの参考書についてまとめています。

今回は、大学受験の生物の勉強法と参考書を紹介します。

生物は、物理、化学とくらべ受験する生徒数は少ないです。生物を選択する方は、生物が好きな方が多いと思います。

生物Ⅰは、大きく分けて『細胞と組織』『発生』『遺伝』『動物の反応』『植物の反応』があります。
また、生物Ⅱは『タンパク質・筋収縮・免疫』『呼吸と光合成』『遺伝子』『進化・系統分類』『個体群・生態系』があります。

生物は、暗記科目のように思う方もいらっしゃると思いますが、化学、物理と同様、理解が求められます。

とは、言っても化学、物理に比べ暗記するものは断然多いです。最近では、考察問題のように、ただ知識を披露するのではなく、考える問題も増えているようです。また、計算問題もあり、解く過程を理解する必要があります。

生物Ⅰの『遺伝』はセンター試験でよく出題されます。こちらは、暗記だけでなく計算問題もありますので、確実にものにしていきましょう。


生物のおすすめ大学受験参考書


生物I・II基礎問題精講

[著者] 大森 徹


★生物は暗記科目です。繰り返し学習することで、知識を固めていきましょう。


生物I 合格39講 パワーアップ版 (大学受験Vブックス)

[著者] 田部 眞哉


★わかりやすく解説してあります。生物の中ではもっとも有名な参考書の一つです。


生物Ⅱ 合格33講 パワーアップ版 (大学受験Vブックス)

[著者] 田部 眞哉


★わかりやすく解説してあります。生物の中ではもっとも有名な参考書の一つです。

タグ: ,

トラックバックURL

ページ上部に