大学受験の勉強法とおすすめ参考書サイト

大学受験の勉強法とおすすめの参考書についてまとめています。

今回は数学Ⅱの勉強法について説明させていただきます。




数学Ⅱは『複素数』『三角関数』『微分』『積分』など
重要な分野が多くあります。




数学には多くの『定義』があります。




複素数もその一つであり、
二乗をして-1となる数字をiと定義しています。




大学受験レベルではあまりiの重要性などが
わからず理解に苦しむこともあると思います。




しかし、将来電子回路を学んだりする場合に、
役に立ってくるのです。




勉強に無駄なものはないということです。




iに関しても、二乗すると-1になるだけであって、
xやyなどと同じように扱えば良いだけです。




何も難しいことはありません。




次に、『三角関数』です。




数学Ⅰの記事で書いたようにsin, cosの意味を理解しておくことで、
勉強がしやすくなるはずです。




ここでsinやcosのグラフがは、波のようなうねったグラフですが、
これも将来音楽の仕事や電子部品の仕事などに就くことになった場合、
また出会う可能性があります。




数学は色々な分野の基礎になっているのです




微分に関しても様々な分野で出てきますので、
理系のかたは特に重点をおいて勉強しましょう。




微分は関数のある点での傾きになります。




微分で得られた関数と微分する前の関数を
同じグラフに重ねてみましょう。




そうすれば、微分が何をしているのか
イメージしやすくなるはずです。




また、この分野で最初に出てくる極限という
考え方が微分の基礎になりますので、
繰り返し勉強し理解しましょう。




これを理解できれば、
微分への抵抗もどんどん少なくなっていくはずです。




ここで、数学Ⅱの参考書を紹介します。




こちらも数学Ⅰと同様にチャート式 → 1対1対応です。

数学Ⅱのおすすめ大学受験参考書
チャート式 基礎と演習数学2+B 改訂版

[著者] チャート研究所


★チャート式の白はもっとも基礎の部分となります。学校の教科書のような参考書です。

1対1対応の演習/数学II―大学への数学 (1対1シリーズ)

[著者] 東京出版編集部


★1対1の対応は中級レベルの参考書です。はじめのうちは解くことは難しいと思います。チャート式で基礎を固めてから取り組みましょう。

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に