大学受験の勉強法とおすすめ参考書サイト

大学受験の勉強法とおすすめの参考書についてまとめています。

今回は英単語の上級編です。

長文問題を解いているとわからない単語がでてくることがあります。『 英単語ターゲット1900 』を完璧にしている場合でも、そういったことはよくあります。しかし、多くの場合、前後の文脈から理解できてしまうことが多いのです。

例えば、molarsという単語があります。

こんな単語は、長文問題でもほとんど出ることはなく、意味もわからない可能性が大きいです。しかし、この前後の文脈でtooth( 歯 )、dentist( 歯医者 )、bite( 噛む ) などの単語が出てきていれば、歯に関する単語だとわかると思います。



molarsは『臼歯』です。

文中ではっきりと臼歯だとわからなくても、歯に関する単語だということがわかれば、文章は理解できてしまうはずです。また、こういった単語は問題に関係ないことが多いです。

しかし知らない単語に出会うと、戸惑うのも事実です。そのとき、その単語を知っていれば、少しの時間短縮になります。知っているにこしたことはないのです。

( ほとんどの大学入試で英語の試験時間はギリギリです )

より多くの単語を覚え、問題を解く時間を短縮するのです。そうすることにより、精神的にも余裕ができ、ケアレスミスも少なくなります。




英単語のおすすめ大学受験単語集

速読英単語(2)上級編

[著者] 風早 寛


★単語は身に付けた分だけ実力になります。がんがん覚えていきましょう。

トラックバックURL

ページ上部に