大学受験の勉強法とおすすめ参考書サイト

大学受験の勉強法とおすすめの参考書についてまとめています。

大学受験の英単語の勉強法( 暗記法 )について
説明したいと思います。




英単語は、英語を勉強する上で
もっとも重要な土台
となります。




英文法、長文読解、リスニング、英会話など、
すべて英単語力( 語彙力 )があって生かされてきます。




英語の長文の中には、
英単語を知っているだけで
読めてしまうものもあります。




逆に、一つの英文の中に半分以上の知らない単語があると、
文型や構文をいくら知っていても、
まったく読めないということもよくあります。




まさに土台( 基礎 )です。




つまり、英単語は知っていれば
知っているほど大学受験に有利ということです。




では、英単語の勉強法はというと・・・



とにかく繰り返すことです。




例えば、一冊の単語集を一度目を通しただけでは、
半分以上の単語を覚えられていないはずです。




何度も目を通すことで頭の中にインプットするのです。




ここで、実際に私が大学受験勉強の際に行った方法を紹介します。




使用した単語集は『英単語ターゲット1900』です。




もう大学受験から数年経ちましたが、
今でもこのとき覚えた単語が仕事の役に立っています。




① まず、2000個ほどの英単語を1ヵ月かけて暗記します(1日100個程度)。
   → あまり時間をかけずにテンポよく単語帳に目を通していきます。
② 同数の英単語を2週間かけて暗記します(1日200個程度)。
   → このとき、一度目を通した単語であるため、比較的速く進むことができるはずです。
③ 同数の英単語を1週間かけて暗記します(1日300個程度)。
   → ②と同様の理由で、さらに速く進むことができます。
④ ここでどうしても覚えられない英単語は別のノートに書き留めます。
   → 特別枠とすることで、覚えやすくなります。
⑤ 1ヶ月ごとに1週間かけて単語帳に目を通します。
   → 得た知識を失わないようにします(時間が経つと忘れていくので)。




このような感じになります。




とにかく何度も単語集を繰り返すことを意識しました。




実際に、英単語ターゲット1900のほとんどの
単語は完璧に覚えることができました。




そのおかげで、
今でもたいていの英語の文は読むことができます。




英単語は英語を勉強する上でもっとも大事な土台です。




少々大変だとは思いますが、
勉強は手を抜かずに続けることが大切です。


英文法のおすすめ大学受験参考書

英単語ターゲット1900

[著者] 宮川 幸久
いわずと知れたターゲットです。はじめは一ヶ月で最後まで暗記します。次は2週間で最後まで暗記します。次は1週間で最後まで暗記します。どうしても覚えられない単語はノートなどにまとめていきます。上の文法、長文の勉強と平行して暗記を進めていきましょう。

速読速聴・英単語 Core1900〈ver.3〉

[著者] 松本 茂, ゲイル…
ターゲットが苦手な方にはこちらをオススメします。単語が長文の中に書かれていて、文章として暗記することができます。合う合わないがあると思いますので、自分に合う単語集を見つけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に