大学受験の勉強法とおすすめ参考書サイト

大学受験の勉強法とおすすめの参考書についてまとめています。

会社で英語

偏差値 | 大学受験の勉強法とおすすめ参考書サイト

成績を上げるために

偏差値は、模試の成績などでよく使われるもので、
自分の実力を知ることができます




計算式は、

 大学受験の数学公式得点 – 平均点大学受験の数学公式標準偏差大学受験の数学公式

で表されます。




つまり、自分の成績が平均点と同じだった場合、
偏差値は50となるのです。




ただ、この値は模試などを受ける人数に
よって正確さが変わってきます。




受ける人が多ければ多いほど値は正確になっていき、
少なければ少ないほど不正確になっていきます。




大手予備校などの模試では、
受験人数は十分いますので
正確な値であると思われます。




また、センター模試や記述模試のように
模試の種類によっても偏差値は変わってきます。




センター模試のように平均点が高くなるものでは、
高い偏差値を取りにくいですが、
記述模試のように平均点が低いものでは、
高い偏差値を取りやすくなります。




例えば、受験生全員が100点を取った場合、
全員の偏差値は50となるのです。




偏差値は自分の実力の指標です。




志望大学と自分の偏差値との差を
はっきりとさせることで、
何が足りなくて、
何が必要かなどがわかってきます。




偏差値が50以下の場合は、
勉強法の見直しなどが必要となってきます。




平均点以下ということは大半の人に
負けているということです。




ほとんどの人ができていることが
できていないというこになりますので、
何か重大な見落としがあるはずです。




勉強法は他のページに書かせていただいてますので、
ぜひ参考にしてください。




理想を言えば、どの教科も安定して
60前後の偏差値を取りたいところです。




そこまで行けば、
基礎はしっかりしているはずです。




基礎がしっかりできていれば、
応用問題などを多くこなし、
経験を積むことで自分の実力をさらに上げていくべきです。




また、大学受験では必要な科目すべての成績を上げたほう
合格の可能性が上がります。




例えば、英数理の3科目だとした場合、
偏差値が英語70, 数学40, 理科55の人と、
英語60, 数学60, 理科55では後者のほうが
受かりやすいはずです。




大学によっては、
ある科目が基準の点数以下の場合、
足きりが行われます。




このとき、1科目でも点数が基準を満たされなければ、
不合格になってしまうのです。




しかし、どうしても得意な科目、
不得意な科目というのが
出てきてしまうものです。




この場合、自然と得意な科目の勉強時間が多くなり、
不得意科目の勉強時間が短くなっているはずです。




不得意科目の偏差値が上がらない場合は、
勉強時間の配分を不得意科目に意識的に振り分け、
勉強のムラをなくしてください。




このように偏差値を色々なことの参考になります。




模試は必ず受け、偏差値を参考にして
勉強を効率よく進めてください。


模試 【前】
【次】 予備校と独学

ページ上部に