大学受験の勉強法とおすすめ参考書サイト

大学受験の勉強法とおすすめの参考書についてまとめています。

会社で英語

『暗記』と『理解』 | 大学受験の勉強法とおすすめ参考書サイト

大切なのはどちらか

『暗記をするだけの勉強法はダメだ、
根本を理解して勉強をしなければいけない。』




大学受験当時、私はこのようなことを
言われ続けながら勉強をしていました。




私もこの考え方は正しいと思い、
なるべく物事を理解するように勉強をしていました。




最近でも、勉強は暗記が良いか理解が
良いかということが議論されているように思います。




では、実際はどちらが大切なのでしょうか?




それは、『暗記』と『理解』どちらも非常に大切なのです。




実際には、『暗記』が基本となり、
『理解』が『暗記』を助けるといった
イメージになると思います。




すべての問題を暗記することが
できればそれにこしたことはありません。




しかし、人間は忘れていく生き物です。




使わない知識は忘れていってしまうのです。




最近では、覚えたことはすべて脳の片隅に
残っているという話を耳にしますが、
大学受験時に出てこなければ意味がありません。




大学受験時に生かされる知識に
しなければいけないのです。




英単語、英熟語、数学の定義、公式、
古文の文法、単語、化学の周期表など
勉強の基本は『暗記』です。




一方、英語・数学・古文・化学などの問題の解き方は、
ルールや公式の意味を『理解』することで
学びやすくなります。




『暗記』で土台を固め、
『理解』で補強する
のです。




例えば、数学の公式に

大学受験の数学公式

というものがあります。




これを単純に暗記した場合と、


三角関数


上図より、
単位円(半径1)の円の半径を斜辺とする
三角形の2辺がcos,sinであると理解しる場合では、
後者の場合は三角形の公式(ピタゴラスの定理)を
使い上の公式を導きだすことができます。




つまり、上の公式は覚える必要がないということです。




このように、根本を理解することにより
暗記しなければいけないものを減らすことができるのです。




暗記しなければいけないものが減れば、
時間の短縮にもなり勉強の効率が上がります。




しかし、『暗記』するべきものを減らせるのであって、
『暗記』する量が莫大なのは変わりありません。




『暗記』することに絶対に手を抜いてはいけません。




『暗記』したことを生かすために、
物事を『理解』する
のです。




『理解』は、色々なものに応用が効き、
非常に効率的なのです。




文章で書いてあるだけでは
分かりにくいかもしれませんが、
勉強する上で物事の本質を
理解すように心がけてください。



なぜ落ちるのか? 【前】
【次】 大学受験便利アイテム

ページ上部に